野球肩について|最短1回完治

野球肩は剥離や損傷と診断されても確実に痛みを取り去ります

楽しんごさんの推薦

書籍への掲載

野球肩は施術で治る疾患です。

野球肩や肩の痛みはスポーツをされている方にはつきものです。

肩というのはとても複雑に動く関節であり同時に負担もかかりやすい関節なのです。

ですが当院では野球肩や肩の痛みを最短で治していく施術を有しております。

多くの場合短期間で、確実に改善、完治まで待っていきます。

下記ではその理由と野球肩や肩の痛みを詳しく解説していきます。

野球肩の症状とは

野球肩とはスポーツに限らず投球障害がある肩痛の総称でもあります。

テニス肘と同様に野球を行なっていなくても投球障害があり肩に痛みがあれば野球肩と診断されることが多いです。

また正式名称はいくつもあり痛みが出ている部位によって名称が変わります。

また野球肩の症状は

・腕を上げる時の痛み

・投球時、または投球後の肩の痛み

・関節可動域の制限

・力が入りづらく、全力投球ができない

・球速が下がった

・遠くにボールを投げられなくなった

上記の様な症状が起こります。また野球肩はベンチプレスなどのウエイトトレーニングでも発症することがありその場合は

・持てるウエイトの重量が下がった

・ベンチプレスの挙上時に肩が痛む

・高重量を持つと肩が痛む

この様な特徴があります。

当院では野球で発生した痛みでもウエイトトレーニングでも発生した痛みでも確実に痛みを取り去ります。

また安静を指示せずに最短で1回の完治を実現しています。

その理由を野球肩の特徴と共に下記で説明していきます。

野球肩の種類

肩関節インピジメント症候群

腕を繰り返し使うことによって肩関節に負担がかかり

関節付近で他の骨や筋肉とのインピンジメント(衝突)が起こります。

組織の損傷が起こって痛みが生じる疾患です。

画像引用|所沢あかだ整形外科:肩詳細

 

鍵盤損傷

肩のインナーマッスルである腱板筋群(棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋)が

繰り返す投球動作により、上腕骨頭に付着している腱板が剥がれたり、損傷する事で痛みが生じます。

引用|井古田整形外科

 

上腕骨骨端線障害(リトルリーグ障害)

子供には、骨端線とよばれる成長軟骨板があります。

その成長軟骨が過度な投球によって損傷し痛みを生じる疾患です。

引用|井出整形外科

 

動揺性肩関節症(ルーズショルダー)

肩関節を構成する骨や筋肉に、明らかな異常がないのにも関わらず、肩関節の痛み、

脱臼しそうな不安な感じ、腕のしびれ感などが生じる疾患。

引用|尾山台整形外科

 

上腕二頭筋長頭筋健炎

上腕二頭筋には上腕二頭筋長頭という長い腱があり、これが上腕骨にある結節間溝 ( けっせつかんこう ) という溝を通ります。

腕を繰り返し使うことで、腱に結節間溝の中で負担がかかり痛みが出ます。

引用|三鷹整体院

野球肩とひとえにいっても様々な種類があるのがこの疾患の特徴です。

また上記の様に野球肩には種類がありそれによって痛みの出る原因も変わっていきます。

そして整形外科や接骨院などで受けられる一般的な治療方法は中々改善しないのもこの疾患の特徴です。

何故一般的な施術方法では改善が難しいのか?を下記で解説していきます。

一般的な治療方法

・整形外科や接骨院を受診した場合

・電気治療

整形外科や接骨院を受診すると必ずと言っていいほど電気治療があります。

電気治療は血流を良くすることで自然治癒を促す方法です。疲労回復などには効果があるかもしれません。

ですが当院では野球肩や肩の痛みを治すのには効果的ではないと考えている為、一切行いません。

・超音波治療

接骨院を肩の痛みで受診すると超音波をされることがあるかもしれません。

確かに直下の炎症を取り除くことが出来るため治る可能性はあるかと思います。

ですが野球肩を始めとした肩の痛みの原因はほとんどが患部にないのです。

なのでいくら患部に電気や超音波を当てられても中々治らないのです。当院では根本原因に手技のみでアプローチし確実に治していきます。

・テーピング

接骨院に行くと肩にテーピングを施されることがあるかと思います。

テーピングをされると安心感があるかもしれません。ですが当院ではテーピングは痛みを悪化させる可能性があると考えています。

何故か?そもそも皮膚というのは滑らかに動くことで筋膜との遊びを作っています。

それをテーピングで固定してしまうと皮膚の動きが固くなってしまい血流が悪くなってしまうのです。血流が悪くなると疲労物質や痛みの物質が流れないので余計に治りが遅くなる可能性があると考えています。

ですので当院ではテーピングは行いません。

・インナーマッスルトレーニング

肩のインナーマッスルの強化も指導されることがあるかもしれません。

確かに日頃の予防方法としては効果的かもしれません。

ですが何ヶ月も安静にしながら地道にインナーの強化をしていくのは精神的にもしんどいことです。

当院では安静は指示せずに完治まで導きます。

 

・整体院や鍼灸院を受診した場合

・マッサージ

整体院などにいくとマッサージをされることがあるかと思います。

筋肉をほぐされることで普段の疲労回復やリラックス感を得れるかと思います。

当院では治すを第一に考えていますのでマッサージを行わず治すことに集中した施術を行います。

・鍼治療

鍼灸院に行くと鍼治療を施されます。鍼治療は直接的に治すというよりかは治りやすい体質に変えていくという考え方が主です。

ゆっくり治していきたい方には良い治療法ですがスポーツを日々されている方は安静にしながら何ヶ月も通うのは厳しいかもしれません。

当院では患部の痛みを直接治していく為、スポーツ障害に鍼治療は基本的におこないません。

(体が冷えていてなおかつ血流が悪いと判断した場合は熱くないお灸をすることがあります)

当院が考える野球肩の原因

①胸郭の硬さ

肩の関節は元をたどると肋骨で構成されてる胸郭という場所についています。

肋骨一つ一つは通常であればたわみながら滑らかに動きます。ですが何らかの問題で肋骨の動きが硬くなると肩まで負担がかかってしまうのです。

当院では肋骨を丁寧に調整することで野球肩や肩の痛みを根本から治していきます。

 

②体の連動性の低下

ボールを投げるときやウエイトを挙上するときは身体全体を使います。

体のどこかにバランスの崩れがあると結果的に肩に負担がかかってしまい痛みにつながります。

再発させない為には患部だけではなく体全体をみていく必要があると考えています。

 

画像引用|ゴルフ豆知識

③手首の関節異常

ボールを投げるときやベンチを上げるときは必ず手首(背屈)は寝た状態になります。

手首が寝ないと動作時に肩がすくんできますので野球肩や肩の痛みの大きな原因になります。手首が寝れなくなるのは関節のアライメントが崩れているからです。平たくいうと手首の関節に異常をきたしているのです。

当院では複雑な手首の関節を施術で調整し正常なアライメントに戻していきます。

 

この他にも内臓の疲れや自律神経の乱れなど様々なことが複雑に絡み合っているのが野球肩や肩の痛みです。

ですので中々一般的な施術では痛みが治らないというわけです。

当院では上記のような一般的には受けれない特別な手技を使って確実に治していきます。

またインピジメント障害や損傷と診断されても短期間の施術で痛みは治りますのでご安心ください。

大田区で野球肩や肩の痛みでお悩みならナイスボディー鍼灸治療院へ

野球肩と診断されたり肩の痛みがあるとスポーツを何ヶ月も休まないといけません。

休んで痛みが治ったと思ったら再開してすぐに痛みが再発してしまったということもざらにあるかと思います。

でも大丈夫です。野球肩や肩の痛みは確実に施術で治る疾患です。

最短1回で痛みが完全に取れるということも珍しくありません。

一度治ってしまえば滅多なことがない限り痛みも再発しません。

もし現在野球肩や肩の痛みにお悩みの方はお気軽にお越しください。大田区以外の区や遠方からご来院される方も多いです。

またご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ナイスボディー鍼灸治療院 

〒143-0011

東京都大田区大森本町2丁目4-9パトリ大森1F

平和島駅東口徒歩3分 大森町駅徒歩8分 大森海岸駅徒歩15分 蒲田バス8分

03ー4530ー4198

公式HP→https://nice-body.ne.jp/

公式LINE→https://lin.ee/fr6nwp9

またオスグッド、シンスプリント、腰椎分離症、アキレス腱炎、有痛性外脛骨、セーバー病、三角骨障害、テニス肘

上記の施術も得意としており最短1回完治です。 当院は圧倒的な改善スピードをほこる施術を有しておりますので初回から効果を感じて頂けると思います。