オスグッド4回目以降無料キャンペーン

オスグッドは3回以内に痛みが取れなければ4回目以降の施術料は無料。

オスグッドについて

出典元:オスグットについて|ザムス

オスグッド病とは、膝の下の骨(脛骨結節:けいこつけっせつ)が盛り上がり、痛みが出る病気です。医学的には“オスグッド・シュラッター病”と呼ばれます。

オスグッド病は膝に負担がかかるスポーツをしすぎることで発症します。主に膝に負荷のかかるサッカーやバスケットボールなどのスポーツがきっかけになるといわれています。特に骨の成長が早い発育期の子どもは、その周りにある筋肉や腱の成長スピードと合わずバランスが悪くなってしまうため、発症しやすいと考えられます。

引用元:オスグッドについて|メディカルノート

「オスグッド」はシンスプリント、セーバー病と並び子供の3大成長痛とも呼ばれています。

成長痛と言っても安静にしていても痛みは治らずしゃがんだりジャンプすると強い痛みが出ることから日常にも弊害が出ることが多いです。

 

痛みの原因

一般的な原因

 

成長期などの骨が柔らかい時にスポーツなどで強い負荷がかかることで発症すると言われています。上記画像の様に膝の下の骨が剥がれて出っ張ることで強い痛みが出ると考えれています。

 

当院が考える原因

 

臨床を重ねた結果、オスグッドを発症する原因は成長期に負荷がかかることで痛みが出るでほぼ間違いないといえます。

ただ膝の下の骨が出っ張ることと、痛みは一切関係ないと言い切れます。

何故ならオスグッドを患った患者さんで痛くない方の膝の骨も出っ張っており、レントゲンでも左右同じ状態でした。

もし本当に出っ張りが原因なのであれば左右ともに痛みが出るはずです。

では何が痛みの原因なのか?

それは成長期は身長が急速に伸びます。ですがスポーツや運動をしている方は筋肉が鍛えられます。鍛えられるとと筋肉は縮む力が強くなります。

伸びようとすると力と、縮む力がアンバランスになうと結果的にオスグッドという痛みになるわけです。

当院ではこのアンバランスを解消することで安静を指示せずに完治へ導くことができるのです。

診断

当院ではオスグッドになった時の状況などを細かく問診していきます。

どこにアンバランスが起きているかを特定することがとても大切だからです。

また同じオスグッドでも原因が違えば治療ポイントも違います。

当院は「どこをどうすると痛いのか?」をとても大切にしています。そしてしゃがめない、ジャンプ出来ない、曲げると痛い、伸ばすと痛いなどの原因も全て特定しております。

痛みを都度確認しながらオーダーメイドで施術していきます。

 

治療

 

当院はテーピングで固定したり、電気を当てるなどは行いません。

治療は手技施術のみです。

何故か?

テーピングは筋肉を歪ませて自然治癒を待つ行為だからです。

「テーピングをして安静にして下さいと言われいつまで経っても痛みが治まらない」などの経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

また電気も同様に刺激を入れて自然治癒を待ちます。

一般的なテーピングや電気という治療はすごくしっかりとした治療に思えますが実際にはただ自然治癒を待っているだけなのです。

当院の手技施術は鑑別した原因に直接アプローチしていきますので安静を指示することなく最短1発での完治も可能です。

治すことにこだわった結果たどり着いたのが手技のみの施術です。

 

まとめ

 

オスグッドは整体で改善、完治可能な疾患です。整体で治すメリットは

 

①最短1回完治

 

②安静にする必要がない

 

③自然治癒を待つ必要がない

などがあげられます。

今現在オスグッドにお悩みの方、病院、整形外科、接骨院に行ってもオスグッドが治らない方はセカンドオピニオンをおすすめいたします。

 

当院はスポーツ障害の施術を得意としております。

その為、オスグッドの症状、痛みが3回以内に取れなかった場合は4 回目以降、一切施術費を頂いておりません。

またシンスプリント、グロインペイン、腰椎分離症、テニス肘、アキレス腱炎、有痛性外脛骨、有痛性三角骨、野球肩などにお悩みの方もお気軽にご質問、ご来院下さい。

ナイスボディー鍼灸治療院 坂光

 

〒143-0011

 

東京都大田区大森本町2丁目4-9パトリ大森1F

 

平和島駅東口徒歩3分 大森町駅徒歩8分 大森海岸駅徒歩15分 蒲田バス8分

 

03ー4530ー4198

公式HP→https://nice-body.ne.jp/

公式LINE→https://lin.ee/fr6nwp9